読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星を見るとき

 

f:id:kec1129:20170425220253j:plain

(写真はKAGAYAさんという写真家さんのツイッターから拝借しました、素敵です。

https://twitter.com/KAGAYA_11949

 

星を見るとき、僕はいつも人を思います。

例えにもよくあるように、億千の星々の一つ一つは世界中の人々を表していて

そのなかに、自分の星や友達の星があるんじゃないかなと思って探したくなります。

そして、一つ一つの星がかすかに明滅しながら、でも確かにちゃんと光って存在しているのが、人が健気にいのちを燃やす様子に似て、鏡のように思えるのです。

都会で見るときは、怖いような寂しいような気持ちになります。星と星の距離がとても遠いので、無を思わせる宇宙の途方もなさが、永遠に小さな光たちを分かち、この世界を生きることの孤独な宿命を思わせるからです。

しかし奥多摩で初めて見た本当の姿は、写真にあるように、数えきれない星々が一体となって黒を光で埋め尽くしていたんです。友達と一緒に見ていたこともあって、「なんだ、こんなに近くに、みんないてくれたんだなあ」と、長年の孤独感が一気に満たされた気がしました。

 青年海外協力隊や国際教育に従事しようと決めたのはずいぶん前のことですが、この体験が後押ししてくれました。国際協力、平和貢献がしたいと漠然と考えてはいても「世界のために、平和のために何ができるんだろう」と何もわかっていなかったとき、ある星が「ちゃんとみんなそばにいるよ!」と言ってくれた気がしました。それが僕の国際協力の道しるべになっています。今考えればあれが自分の星だったのかもしれません。

遠い地で全然違う暮らしをしているアフリカの人々のことを日頃僕らは、貧しくてかわいそう、汚くて心配、原始的で怖い等、離れたところから何か言うだけです。開発援助等は国家単位での話か、もしくは「物好きで勇気のある誰かさんの冒険」くらいにしか思えず、例えるなら教科書やドキュメンタリー映画の美談にしかなっていない。

一番の問題は地理的距離じゃなくて心理的距離です。

 ある人が、「国際協力は特別な人だけがやることではなく、一人一人の心の中にその芽があるんだ」と言っていました。それを聞いて僕は平和の意味も、それは世界がある望ましい状態になるのではなく、1人の心にあるものなんじゃないかと思いました。想像してみてください。たとえ世界が平和じゃなくても幸せに死んだ人なんていくらでもいますし、その逆もいます。どんなに裕福で恵まれていても、なにか満たされずに死んだ人だっているでしょう。何が決め手でしょうか。思うに、この見えている世界は、最後の最後は自分だけのものです。最期に自分の心の中に平和を、またはその希望の芽を見出し、この世界に生まれてよかったと思えれば、平和はそこにあったのだと言えないでしょうか。生まれてきたこと、死んでいくこと、残していく後の世界のことを肯定的に受け入れて祈ることができるように、平和の社を心に建てること。生きてるうちに、人の温かいきずなや故人を惜しむ涙、青春を懐かしむ友情や、やぶれる恋の苦さ、そういう真実の稲光が刺すような一瞬を積み重ねていくとき、いつしか自分の生について人生からの問いかけに気づいたとき、それに応えようと一生懸命に生きて貫いてきたことを最後振り返るときに、平和の社がある。すべての人がその社を心に建て、信じて祈る世界が平和に最も近いんじゃないかと思います。

 だから僕は平和とは望ましい世界の姿というよりも、信じ祈る心、その社の中やその風格をかもす行動に宿るもので、その断片を生きている間に目撃することはあっても、全体像は最後にわかるものでないかと思うのです。長い長い道のりです。最期までたどり着けません。しかしだからといってあきらめない強さや信じて待つ心を、「愛」というのではないかなと思います。そして永久にたどり着かない平和ならば、それを目指すこと、これすなわち平和だと思います。

 すこし抽象的になってしまいましたが、もちろん現実問題として、貧困や格差、戦争や構造的暴力は深刻です。しかしそれがない日本で、平和を信じて生きている人がどれほどいるでしょうか。あなたの平和はあなたが見つけなければいけないんです。すこし孤独になって星を見つめてみてください。自分の星と、隣の星と、遠くの人々のことを見てください。「みんないるよ」と呼びかけ合っている星空に平和の象徴を見ることができませんか。それに応えるように「わたしもいるよ」の一言が言えることが、国際協力の最小単位じゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

Teach myself.

 

手術のせいで時期をずらすことになった青年海外協力隊が2次隊に決まりました。7月に2か月の訓練開始→10月くらいにアフリカのマラウイに派遣予定です!

少しホッとしました。

大学卒業後、同期が教師として自分のクラスをもって頑張り、部活の後輩は大会や演奏会に向けて頑張っているなか、自分だけ足を止めてしまっているんじゃないかと不安でしたが、お世話になったある先生からは「あなたの時間を刻めばいいじゃない」と素敵なことを言われ、今自分なりに準備しているところです。例えば、マラウイで人気のスポーツは圧倒的にサッカーらしいのですが、先日ボールを買い、とりあえず現役だった頃(小1~中3までやってた)のリフティングの回数と技術は取り戻しました。問題は体力とケガですよ、現地の子らに負けたくないです。

それからピアノの弾き語りとハーモニカを練習しています。フルートを持っていくわけにはいかないだろうという判断で、持っていきやすいものを。ところでピアノはアフリカにあるんだろうか。

それが準備なの?と思われるかもしれませんが、スポーツと音楽は世界共通、いつも友達!なのです。人の輪に入れるように、もしくは輪を作れるように芸を磨いているのです。(という名目で遊んでいるのです。)

 

以上、現状報告です。次は少し真面目な話です。

 

 f:id:kec1129:20170425215855j:plain

万象に天意を覚える者は幸せ 新河岸川を歩く(続き)

昨日の突然の雷雨が過ぎて、とっても暖かくなりました。桜のあるところあるところに人は集まって、隅田川沿いはとってもわいわいしています。

今日は荒川「知水」資料館に行ってきました。「治水」をもじっているのでしょうか。歴史を踏まえ、かつ資料館らしくていい名前です。「知」も「治」もひょっとしたらあまり違わないかもしれません。赤羽岩淵にあるのですが、この岩淵水門にて新河岸川は隅田川に昇格します(イメージで隅田川のほうがエライ)ところで、今「隅田川」と言っている川はもともと荒川なんだそうです。「荒」の文字通り昔から氾濫することの多かった荒川(現隅田川)。下流の住民(今の中央区とか墨田区台東区とかだと思う)はみな、それに備えて木の舟を家に置いておいたそうです。(写真1)

f:id:kec1129:20170404195228j:plain

 

それを治めるために昭和40年に放水路を作る大規模な工事をした。その放水路が今の荒川なんですって。その工事を指揮したのが「青山 士(あきら)」という方。この記事のタイトル「万象に天意を覚える者は幸せ」という言葉を残した人です。意味は何でしょう。知りません。でもそのまま読めば、すべての事象に天(超越した何か)の意思を感じる人は幸せだということですかね。この方の先生に、クリスチャンの内村鑑三がいるので、なんとなくその思想の流れかなと思います。

資料館の入り口に青山士が残した石碑が置いてあります。(写真2)

f:id:kec1129:20170404195251j:plain

「この工事の完成にあたり多大なる犠牲と労役とを拂(払)いたる我らの仲間を記憶せんが為に」

と書かれています(たぶん)。ここにあるように、放水路を作るにあたって非常に多くの苦難があったようです。そこにいた人たちは立ち退かなきゃいけないし、戦争や不況、関東大震災も重なって。穏やかな「荒川」にはそういう歴史があったんですね。

「歴史、川、天意」この並びはとても詩的だと思います。万象ということは人の営みも入るわけですから、青山は未来のために自分が放水路を作ることを天意と感じていたんでしょうね。青山の感じた天意、青山の意思は川に沿って、今も流れているんじゃないでしょうか。僕は川を遡って、歴史をたどって、その意志をくみ取る。そうやって人は、過去の人を生かすことができると思います。そうやって時代を超えた繋がりのなかで、大きな流れの中で生きていると実感することはきっと深い幸せなはずです。

f:id:kec1129:20170404201331j:plain

新河岸川と日本橋

私の実家の最寄り駅は「新河岸駅」といい、「新河岸川」が近くに流れている。

川越駅の手前であり、それと比べると大変さびれた駅である。

高校卒業までその辺を出たことがなかった私は、「新河岸川」も大した川じゃないんだろうと思っていた。しかし実際には東京の中心地、いや日本の中心地に流れていく大変エラい川なのだ。最近ちょっとした自由研究として資料を集めながら歩いている。フィールドワーク。川越はご存知、「小江戸」という名で親しまれている江戸の街並みを残した観光地であるが、その川越を江戸とつなげ、商業を支えたのはほかでもない「新河岸川」の舟運だった。結構すごいじゃん。また、江戸浅草で芋菓子が定番となったのも川越の芋が渡っていったからだそうな。

 

調べたきっかけは、日本橋近くに住む子が自分と私を指して「江戸と小江戸ですね」という言ったその一言。私の街のなんでもない小さな川がゆっくりと日本橋のその子へ、きらびやかな都心へ出ていくことが、すごく嬉しかった。私も新河岸川のようになりたいから、今川沿いをずっと歩いている。

 

ちなみに、川越春祭り限定で舟運が再開される。今年は3/26だそうです。桜を見上げながら、ゆったりと歴史を感じて流れていくのもいいです。

 

f:id:kec1129:20170324225426j:plain

f:id:kec1129:20170324225504j:plain

f:id:kec1129:20170324225536j:plain

f:id:kec1129:20170324225600j:plain

f:id:kec1129:20170324225621j:plain

 

 

 

 

誰が言うか、何を言うか

その人の言葉がよく心に残るのは

いいことを言うからか

その人がいいからか

 

その人の歌う歌がよく心にしみるのは

いいうたを知っているからか

その人が歌うからか

 

私は後者だと言う

その人はきっと前者だと言う

だからその人はイイのだ

 

でもきっとその人が後者だと言っても

それはきっとイイのだろう

世の中の不思議を集めて、ひっくり返して

日々、ぼのぼのすることを

メモするだけじゃなくて

誰かのぼのぼのに役立てたいので

そんな記事を書いていけたらなあ、、、

と今は思っているけど明日は知らぬ。