Keishythm

人間らしくちゃんと生きたい何かの、足跡です。

やーっとはじまるぞー

〇マラウイに来てからの一か月間 青年海外協力隊としてマラウイに来ています。はじめの一か月だけは同期隊員と寮で共同生活をし、防犯や健康面についての注意事項やマラウイの教育・農業・インフラなど各セクターについてのオリエンテーション、そして現地語…

きみをおなかにのせて

ぼくが一年生のときに来たきみは まだまだ手のひらくらいのチビだったっけ ランドセルを背負う間抜けな時代も 人として最低だった思春期も ちょっと世界を知って打ちひしがれてるこの間も ずっときみは変わらずにきみのままで ぼくだけ年を取っていくみたい…

希望のつくりかた

希望の党が作られましたね。日本には希望がないってね。それで今回紹介したいのは希望をつくるための本です。 https://www.iwanami.co.jp/smp/book/b226057.html この本は色んな切り口で希望を捉えようとしています。そのうえでどのようにしたら、あるいはど…

Ces't la vie

青年海外協力隊の訓練を終えてきました。 今回の訓練、共同生活で印象に残ったのは「話し合い」が足りなかったということでした。時間とか回数もそうだけど質的に。それは隊員のせいではなくて、ほとんど自分のせいなんだけど、話し合い方がまず上手くないの…

おかしいね

なんで歩くの 足があるから 何で食べるの おなかがすくから 何で笑うの あなたが笑うから じゃあどうして泣いてるの どうしてだろう おかしいね

谷川俊太郎 「いのち」

サバンナに立つ象の足元 アリが一匹迷子になっている 太平洋の青い深みで イワシの群れが銀にひらめく コンクリの割れ目に咲いて たちまちに踏まれた花も 大空に輪を描くトビも みんないのち いのちをうたう いのちがいのちを奪うときも いのちからいのちは…

居場所

わたしのいる場所 それは温かく迎えてくれるような心のつながり 手を繋いで 笑いあって 時に泣いて抱きあって 交わした言葉 思い出の場所 おかしくってうれしくて 寂しい心が 帰りたくなる場所 わたしのいる場所 それは冷たく寄り添うようないのちのつながり…