Keishythm

人間らしくちゃんと生きたい何かの、足跡です。

星を見るとき

 

f:id:kec1129:20170425220253j:plain

(写真はKAGAYAさんという写真家さんのツイッターから拝借しました、素敵です。

https://twitter.com/KAGAYA_11949

 

星を見るとき、僕はいつも人を思います。

例えにもよくあるように、億千の星々の一つ一つは世界中の人々を表していて

そのなかに、自分の星や友達の星があるんじゃないかなと思って探したくなります。

そして、一つ一つの星がかすかに明滅しながら、でも確かにちゃんと光って存在しているのが、人が健気にいのちを燃やす様子に似て、鏡のように思えるのです。

都会で夜空を見るときは、時々怖いような寂しいような気持ちになります。星と星の距離がとても遠いので、無を思わせる宇宙の途方もなさが、永遠に小さな星たちを分断して、この世界を生きることの孤独な宿命を思わせるからです。

しかし奥多摩で初めて見た本当の姿は、写真にあるように、数えきれない星々が一体となって黒を光で埋め尽くしていたんです。友達と一緒に見ながら「なんだ、こんなに近くに、みんないてくれる、いてくれたんだ」と、孤独感が満たされた気がしました。

 

 

この体験が青年海外協力隊や国際教育に従事しようと決める後押しになりました。国際協力、平和貢献がしたいと漠然と考えてはいても「世界のために、平和のために何ができるんだろう」と何もわかっていなかったときに奥多摩で見た、たくさんの星々のなかのある星が「ちゃんとみんなそばにいるよ!」と幸せそうに言ってくれた気がしました。「ひとりじゃない」と知ることがどれだけ幸せなことか、そのとき僕は考えました。それが僕の国際協力の道しるべになっています。今考えればあれが自分の星だったのかもしれません。

遠い地で全然違う暮らしをしているアフリカの人々のことを日頃僕らは、貧しくてかわいそう、汚くて心配、原始的で怖い等、離れたところから何か言うだけです。開発援助等は国家単位での話か、もしくは「物好きで勇気のある誰かさんの冒険」くらいにしか思えず、例えるなら教科書やドキュメンタリー映画の美談にしかなっていない。

国際協力において一番の、あるいは究極的な課題は援助国と被援助国の人々の心理的距離を縮めること、支援する支援されるというような縦の関係を、誰もが人間として同じように生きていて学び合う対等な横の関係へと意識を変え、相互に関心を持って関わろうとすることじゃないでしょうか。

 ある人が、「国際協力は特別な人だけがやることではなく、一人一人の心の中にその芽があるんだ」と言っていました。それを聞いて僕は平和の意味も、それは世界がある望ましい状態になるのではなく、1人の心にあるものなんじゃないかと思いました。想像してみてください。たとえ世界が平和じゃなくても幸せに死んだ人なんていくらでもいますし、その逆もいます。どんなに裕福で恵まれていても、なにか満たされずに死んだ人だっているでしょう。何が決め手でしょうか。思うに、この見えている世界は、最後の最後は自分だけのものです。最期に自分の心の中に平和を、またはその希望の芽を見出し、この世界に生まれてよかったと思えれば、平和はそこにあったのだと言えないでしょうか。生まれてきたこと、死んでいくこと、残していく後の世界のことを肯定的に受け入れて祈り死んでいくことができるように、平和の社を生きているうちに心に建てること。生きてるうちに、人の温かい絆や故人を惜しむ涙、青春を懐かしむ友情や、やぶれる恋の苦さ、そういう真実の稲光が刺すような一瞬を積み重ねていき、青年期に生きる意味を人生から問いかけられていることに気づいたり、その後それに応えようと一生懸命に生きてきたことを最期振り返るときに、平和の社は気づいたらある。

 だから僕は「平和」とは、ある望ましい世界の姿というよりも、信じ祈る心やその信念の風格をかもす行動に宿るようなもので、固定的なイメージではなくそういった動的な運動の源だと思うのです。

 孤独になって星を見つめてみてください。あるいは目をつむって心に星を浮かべてみてください。自分の星と、隣の星と、遠くの人々のこと。「みんないるよ」と呼びかけ合っている星空に平和の象徴を見ることができませんか。それに応えるように「わたしもいるよ」の一言、そう自分に言えることが、国際協力の最小単位じゃないでしょうか。