Keishythm

人間らしくちゃんと生きたい何かの、足跡です。

世界の気まぐれ

本当にささいな

なんでもない一瞬の気まぐれに

意識は遅れてついていく

 

無意識ではずいぶん前から

準備体操を始めていて

やっと体が動き出したころ

頭は虚構で理由を語る

 

自分で選んでいると思った

これまでの道 これからの道

たぶん誰だろう みんながいて

ついていっているだけだ